国連人道問題調整部(OCHA)

ピョンヤン
朝鮮民主主義人民共和国

   朝鮮民主主義人民共和国における国際連合現地国チーム

   国連現地国チームは冬の厳しい天候条件を心配している

朝鮮民主主義人民共和国における国連現地国チームは、50年に一度くらいの最も寒冷な冬が同国の住民に及ぼしている広範な影響について、ますます心配になりつつある。2001年1月の半ばには、気温が過去50年に記録された最も低い水準に下がった。同国北部の慈江道では、気温が氷点下摂氏マイナス37度であり、ピョンヤンでマイナス27度である。その結果、道路網は通行止めで、NGOの活動家たちは、この国は首都以外の地域では「行き詰まっている」と報告する。

長年の食料不足、公益事業や基本的な医療サービスの限られた利用、制限された電気の供給、それに、暖房用の薪を入手するのがきわめて困難であることによって、すでに衰弱している住民には、この冬の厳しい条件は、もしかすると致命的な結果をもたらしかねない。朝鮮では、十分に暖房された家はほんの少ししかなく、病院や、学校、事務所、工場のような他の公共建物はほとんど暖房されてないか、まったく暖房されていない。森林伐採が進み、人々は氷点下の中で薪を手に入れるために、うんと遠くまで歩かねばならない。

同時に、2000年の凶作は、この国のたいていの地域で公共配給制度を通じての食料配給が1月末までには止まりそうなことを意味する。そのため、2月から、2001年の最初の収穫がある6月末まで、人々は食料を入手するのに他の手段に頼らねばならなくなるだろう。国際連合の食糧援助モニター要員らは、現在、公共配給制度を経由した食料配給は1日1人当たり穀物約200グラムで、それはおよそ720カロリーになると報告する。成人が生きるのには1日当たり2,200カロリーが最低必要である。

老人、子ども、それに病人については、見通しはもっと厳しい。朝鮮民主主義人共和国における脆弱な人々は、ほとんど自力でやっていけない。それゆえ、WFPを通じて提供される食料や、ユニセフ、WHO、国際赤十字、それにNGOから現在提供されている医療用供給物はきわめて重要であり、そして、援助プログラムの焦点というのは、すでに始まり、今年半ばまで続きそうな端境期中に合わせられるのだから、これらの品目についての早期の援助約束と配送が緊急に求められている。と同時に、朝鮮民主主義人民共和国への種子や肥料の提供による支援は、それら提供物や器材が生育シーズンの始めに利用できるよう、今現在行われるべきである。

現在の寒冷な天候条件の下で、諸施設で生活している人々は特に過酷な状況に直面している。産科病院を含めて医療施設は大部分、暖房されてないし、子ども施設、学校、幼稚園もそうである。

このような厳しさで冬が始まったことは、食料、電力、基本サービスの欠乏と、ものすごく不規則な天候条件の結果、朝鮮民主主義人民共和国の人々がすでに直面している困難に大いに輪をかけたものとなっている。タイムリーでバランスの取れた反応が、子どもたちや女性や老人の間の多くの死を防ぐことができる。

ピョンヤン
朝鮮民主主義人民共和国

2001年1月18日


----- Original Message -----
From: Ocha Dprk <Ocha.Dprk@wfp.org>
Sent: Saturday, January 20, 2001 2:32 PM
Subject: Statement by UN Country Team in DPR Korea


Please find below a statement issued by the United Nations Country Team in
DPR Korea on 18 January 2001.

Best regards

OCHA
Pyongyang
DPR Korea


UNITED NATIONS COUNTRY TEAMin theDEMOCRATIC PEOPLE'S REPUBLIC OF KOREA

UN Country Team Concerned by Severe Winter Weather Conditions

The UN Country Team in DPR Korea is becoming increasingly concerned over the widespread effects the coldest winter in 50 years is having on the people of the country. In mid-January 2001 temperatures fell to the lowest levels recorded in the last 50 years. In Chagang Province in the north of the country the temperature was minus 37 degrees Celsius and in Pyongyang minus 27. As a result road networks are impassable and NGO workers report that the country is 'at a standstill' outside the capital.

For a population already weakened by years of food shortages, limited access to utilities and basic health services, limited provision of electricity and ever more difficult access to fuel wood for heating, the severe winter conditions have potentially deadly consequences. Few homes in North Korea are sufficiently heated and hospitals and other public buildings such as schools, offices and factories have little or no heating at all. High levels of deforestation mean that people have to walk even further in sub-zero temperatures to collect firewood.

At the same time the poor harvest of 2000 means that food provision through the PDS will cease by the end of January in most parts of the country. Thus from February to late June, when the first 2001 harvest takes place, people will have to rely on alternative means of finding food. United Nations food-aid monitors report that food distributions via the Public Distribution System are currently at around 200 grammes of cereals per person per day, which translates into some 720 k/cal. The minimum requirement for an adult to survive is 2,200 k/cal per day.

For the elderly, children and the sick, the outlook is even bleaker. Vulnerable people in DPR Korea are less able to fend for themselves. Food provided through WFP as well as ongoing medical supplies provided by UNICEF, WHO, IFRC and NGO are thus vital, and early pledges and delivery of these commodities are urgently needed since the focus of aid programmes are during the lean season, which has already started and will continue until mid-year. Concurrently, assisting DPR Korea with provision of seeds and fertilisers should take place now, in order that supplies and equipment are available at the start of the growing season.

In the current cold weather conditions people who are living in institutions are facing a particularly harsh situation. Health institutions, including maternity hospitals are, in the main, unheated, as are children's institutions, schools and kindergartens.

The onset of a winter of such severity has greatly added to the hardships the people of DPR Korea are already facing as a result of the shortages of food, power, basic services and ever more erratic weather conditions. A timely and balanced response can prevent many deaths among children, women and the elderly.

Pyongyang
DPR Korea

18 January 2001