− 粉ミルク緊急支援キャンペーン中間報告 −

第一次粉ミルク支援として、342キログラムを支援。
ピョンヤン育児院長さんから、お礼の手紙が届きました。

letter01.gif (9315 バイト)

 2000年の始めから取り組みを始めました「粉ミルク緊急支援キャンペーン」は、多くの皆さまのご協力により、半年間で累計823,097円のカンパをいただいております(2000年6月15日現在)。短期間で多額のカンパをいただきましたことに対し、心からお礼申し上げます。

 ハンクネット・ジャパンでは、第一次粉ミルク支援として、4月9日に、粉ミルク342キログラム分(360缶、通関手数料込みで約50万円)を調達して、ピョンヤンの育児院に送らせていただきましたところ、その後、育児院長さんからお礼の手紙が届きましたので、ご紹介いたします。

「さらなる支援活動にご協力を!」

 今年に入って日本からもコメ10万トンの支援が再開され、また、アメリカも小麦5万トンの支援を約束していますが、しかし、それらの分を含めても今年の海外からの支援は、いまだ国連機関が見積もる必要量の半分も達成されていません。そのうえ、特に朝鮮の北東部の食糧事情は、いぜんとして厳しいと報告されています。

 画期的な南北首脳会談が実現し、朝鮮の経済復興においても今後徐々に明るい材料が出てくるかもしれませんが、まだ油断はできません。栄養状態の悪い朝鮮の人々は、三日食べなければ終わりかもしれません。経済復興が進んだ頃には、さらに多くの幼い子どもたちが栄養不足ですでに亡くなっていたという事態すら起こりうるかもしれません。心あるカンパが、乳幼児一人の命を永らえさせることができるという言葉がけっしてウソではない状況が今なおあるといえます。まだまだ緊急支援の手をゆるめるわけにはいきません。

 私たちは、今後もひきつづき、緊急の粉ミルク支援活動に取り組んでいきたいと考えております。粉ミルクは朝鮮の乳幼児に非常に適切で役に立つものですが、なにぶん高価なため、十分な量を調達することは簡単なことではありません。今後も、皆様方のご協力をどうかよろしくお願いいたします。

 

letter02.gif (65340 バイト)

<ピョンヤン育児院長さんから、お礼の手紙>

↓翻訳文↓

 竹本昇さま

 お元気ですか。
 竹本さまはじめ皆様方が、私たち育児院の幼子たちに真心をこめて送って下さった粉ミルク360缶を、確かに受け取ったことをお知らせするとともに、子どもたちと保育士一同の熱い気持ちを込めて、ごあいさつ申し上げます。

 事前に朝鮮対外文化連絡協会から、竹本さま方が当育児院に粉ミルクを送って下さることになった、という連絡を受けておりました。

 このたびお送りいただいた粉ミルクは9カ月前後の乳児用ですので、当育児院の子どもたちに飲ませるのには、ちょうどぴったりです。

 昨年末、新潟こども支援連絡会代表団の一員としてわが国を訪問された竹本さまが、当育児院を見学された際に話題に出たことをお忘れなく、こうして粉ミルクをお送り下さったことに、心から感謝いたします。

 隣国の友人までもが、子どもたちに関心を傾けてくれていることに感動した私たちは、実の親と同様に、子どもたちを未来の主人公として一層大切に育てるよう努力します。

 竹本さまが昨年わが国を訪問されたときには初冬でしたのに、あれからもう半年が経ち、暑い夏が巡ってきました。

 今後またわが国を訪れる機会がおありでしたら、ぜひ私たちの育児院にも足を運んでくださるようお願い申し上げます。

 末筆ではございますが、竹本さまがいっそう健康であるとともに、崇高な事業で成果を収められるよう、お祈りいたします。 どうもありがとうございました。

                 ピョンヤン市育児院
                 院長 チョ・ファヨン
                 チュチェ89(2000)年5月

(翻訳:ハンクネット・ジャパン事務局)

 

「画像を無断で複製、改変、送信、領布するなどの著作権を侵害する一切の行為をお断りします。」

HANKnet-Japan